「キューバ芸術工房(Fábrica de Arte Cubano, FAC)」キューバ芸術の最先端を行くスポットです!(その1)

キューバの最新の文化や芸術の発信地として人気がある「キューバ芸術工房(Fábrica de Arte Cubano, 通称FAC)」に行って来ました。現在のキューバにおける人気スポットだけあって、キチンとしたHPがあります。煙突のような形をした人気レストラン「El Cocinero」の隣にあって、昔のピーナッツ油の工場を改装してできたそうです。

FACは、木曜日から日曜日の夜8時から夜中の3時まで開いています。入場料は50キューバペソ(230円位)とお安めで、外国人観光客以外にも多くのキューバ人が来訪しています。

入り口はこんな感じです。

施設内での飲食は、入り口で渡されるカードに金額をマークしてもらい、帰りに出口でまとめて精算します。ミニマムチャージは無いので、何も飲んだり食べたりしなければ、入場料以上の金はかかりません。

中には何箇所かバーカウンターがあります。

早速、おネイさんにモヒートを作ってもらいました。

お腹が空いていたので、キューバ風タパスの盛り合わせとユカ(yuca)芋のフライをいただきました。

さて、ここにはキューバの現在を代表する芸術が勢揃いしています。

ミロ風の絵画です。

こちらはダリ風でしょうか。

「チキン男」と題する写真です。

ラインダンスをしたくなる写真のようです。

こちらでは、何やらクラシックな映画を上映しています。

こちらでは、コンサートの前にミュージックビデオも上映されています。

壁にはジョンレノンとオノヨーコの写真が!

ノーベル文学賞歌手のボブディランとマドンナもいます。この雰囲気は、もはや反米を貫いて来たキューバとは思えないです。

夜の9時になって、キューバのデザイナーによるバックのファッションショーが始まりました。

何やら、キューバにいることを忘れるようなこの雰囲気は、夜が更けるにつれて熱くなります!

 

よろしければ、こちらの記事もご覧ください。

「キューバ芸術工房(Fábrica de Arte Cubano, FAC)」キューバ芸術の最先端を行くスポットです。(その2)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る