• 2015.6.13
  • Why not enjoy the world’s best retiree benefits in Panama ? 現役引退後の人生をパナマでエンジョイしませんか? (その3) はコメントを受け付けていません。

Why not enjoy the world’s best retiree benefits in Panama ? 現役引退後の人生をパナマでエンジョイしませんか? (その3)

 パナマ市から隣国コスタリカ方面に500キロ位行った標高約1200メートルのところにボケテ(Boquete 大きな裂け目=谷間の意味?)という、人口2万人くらいの町があります。先日ご紹介した中米の最高峰バルー火山の麓にある町です。ここはパナマでも例外的に高原気候で、町の近郊では世界的にも品質の高いコーヒーが生産されています。

この町を歩くと、中高年の欧米人を沢山見かけます。パナマ市の喧騒から逃れて旅行に来ている人もいますが、この地に移り住んでいる人も多いと聞きます。特にアメリカ人(Gringos)は、パナマ市でもここでも、マイペースで人生をエンジョイしている人が多いような気がします。フロンティア精神は今でもアメリカ人の心の中に根付いているのでしょうか。一見横柄そうに見える彼らの振る舞いにも、何か懐の深さや余裕を感じるから不思議です。

IMG_2634 (1)IMG_0086IMG_0147

高原の町ボケテは1年中花と緑で一杯で、まさにパナマに出現した桃源郷です。パナマ市をhateしてここに来ると、今度はパナマ全体をloveしてしまい、あの都市化に伴う問題がすべて詰まったパナマ市も愛らしく思えるから不思議です。

日本でも高度成長時代、特に東京では、川や海が汚染され、車や工場からの排煙による光化学スモッグで外出禁止になる日もありました。でも、あの時代の日本の社会や人間には、そんな問題を乗り越えて未来に前進しようとするエネルギーがありました。

今のパナマ、特にパナマ市は、当時の東京よりもさらに状況が厳しい面もありますが、パナマ人は乗り越えるべき課題(フロンティア)は十分に認識しており、試行錯誤しつつも、より良い未来に向かって確実に前進しています。

パナマ人がすごいのは、開発途上のストレスを感じさせる社会の中でも常にマイペースで、他人はともかく、自分だけはハッピーに生きようとするエネルギーを持っていることです。そんな姿勢は、時には自分さえよければいいようなエゴで横柄な態度となって表れます。でも、他人の目ばかり気にして、結局ハッピーになれない多くの日本人にとっては、少しは見習いたい姿勢です。

長年パナマを支配したアメリカ人は、パナマ人に運河というお土産を置いていきました。乱暴な仮説ですが、アメリカ人とパナマ人の生き方には共通点があり、これもアメリカ人が残した別のお土産かもしれません。

そう、パナマで生活してエンジョイできる人は、何が起きてもでも常にマイペースで、人はともかく自分だけは人生をエンジョイしてやるぞというエネルギーを持っている人です。

安定した収入があっても、打たれ弱い上に人生を楽しもうとする意欲やエネルギーが無い人にはパナマはお勧めしません。

でも、その両方がある人にとっては、パナマ政府が提供してくれる世界一の特権を活用すれば、以下のように楽しく過ごせる国です。

 

IMG_0132FullSizeRenderFullSizeRender.jpg

ボケテにある有名ホテルの一つ「Hotel Panamonte」。中庭(patio)でビールを飲みながらリラックスすれば最高。パナマでも有名なシェフが取り仕切るレストランは有名です。特に、地元の養殖マス(Trucha)を使った料理はいけます。長期滞在ビザがあれば、こんな素晴らしいホテルが50%、レストランは25%割引で利用できます。(なお、現在私はこのビザは持っていません。)

 

IMG_2301IMG_2292IMG_2302 ボケテの街で、フロンティア精神に溢れたカナダ人が最近始めた地ビール・パブ「Boquete Brewing Company」ですセニョーラと女主人が何やら楽しそうに話しています。いやー、こんなところまで来て苦労して商売をしている欧米人は、羨ましいほどたくましいです。

 

IMG_2630

 パナマでは毎週末、予約無しでゴルフが楽しめます。

 

IMG_2631

海釣りの醍醐味も楽しめます。

 

IMG_2629

やはりカリブ海は最高です。 

 

ビール2 (1)ビール2 (2)ビール3

パナマ市パナマ人のみならず外国人に人気の地ビール・パブ「The Blarney Stone」。あの25%割引の「特権ビザ」があれば、こんな店にも気軽に通えます。

 

なお、話は変わり、今年の4月に始めたこのブログですが、意外なことに、これまでのところ60%以上はアメリカの各州に住む方からアクセス頂いています。本ブログは日本語のサイトなので、おそらく大部分はアメリカ在住の日本人の方かと思います。パナマのCOPA航空はアメリカの主要都市に直行便を飛ばしていますので、機会があればぜひパナマにいらしてください。フロンティア精神の国アメリカでたくましく生きておられる方ならば、きっとこの国の魅力を十分にエンジョイできると思います。

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る