「HOTEL NACIONAL DE CUBA(ホテル・ナショナル・デ・キューバ)」キューバに旅行したらぜひ泊まりたい五つ星ホテルです。

キューバの1月から4月は、雨が少なく気温も低くて過ごし易いため、いわゆる観光シーズンになっています。欧米や中南米、さらに最近では日本からも多くの観光客が訪れ、ホテル代も高騰しています。観光客の増加に対応して、ハバナ市ではピンからキリまで多くのホテルが稼働しています。最高の五つ星クラスになると、二人部屋で日本円で五万円以上もするホテルがざらにあります。ホテルの中身も、最近新市街のミラマール地区にオープンした米国系のフォー・ポインツ・シェラトン(下の写真)のように近代的な雰囲気のものから、旧市街にあるクラシカルな雰囲気のものまで様々です。

 

でも、せっかくキューバに来て高級ホテルに泊まるならば、キューバらしい雰囲気のホテルに泊まることをオススメします。そして、キューバらしいホテルの代表格が、1930年創業でベダード(Vedado)地区にある国営の「HOTEL NACIONAL DE CUBA(ホテル・ナショナル・デ・キューバ)」です。HPはこちらです。

創業以来使われているエレベーターです。

この郵便ポストには「キューバ郵便局(CORREOS DE CUBA)」と書かれていますが、投函した郵便物が本当に届くのか定かではありません。

メイン・ダイニングです。1950年代のレトロな雰囲気を伝えています。

こちらは、多くの観光客が訪れるバーです。

壁には、ここを訪れた多くの有名人の写真が飾られています。

ホテルの一階には、革命の英雄フィデル・カストロの大きな絵画が掲げられています。「1959」とはキューバ革命の起きた年です。

このホテルの昼のオススメは、広い庭園から眺めるハバナ湾の景色です。

晴れた日に、ここでいただくモヒートは最高です。

最近ブームになっているクルーズ船が行き交う様子が眺められます。

夜のオススメは、ホテル内にある「パリジャン(Parisien)」というナイトクラブです。

毎晩、キューバ的な華麗なショーが繰り広げられます。

夜のもう一つのオススメは、あの「ブエナ・ビスタ・ソシアルクラブ(Buena Vista Social Club)」のショーが開かれる「1930」というサロンです。

このホテルの夜のイベントについては、別の記事でお届けします。短期間でキューバの雰囲気を思い切り楽しめる「HOTEL NACIONAL DE CUBA(ホテル・ナショナル・デ・キューバ)」はオススメです。なお、実際に宿泊された方からの情報では、キューバにしては珍しく、ホテルの部屋でWiFiが使えるそうです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る